小学校5年生(レッスン参加 小1~小5)
英語教室に通っきっかけは、お友達が通っていたからでした。 始めて間もない低学年の頃は小文字やローマ字が覚えれず続くか不安でしたが根気よく続ける大切さと、覚えるために書くという努力をすることの大切さを教えていただきゆっくりですが、文字という課題を乗り越えることが出来ました。4年生になったころから、ある程度の英語が読めたり書けたりするようになったり、英語の基礎のお話が大人と出来たりと、子ども自身が自信をもてるようになり大きく成長したように思いました。 5年生の初めに、家族が海外転勤になったため通うことが出来なくなりましたが、転勤先ではじめての英検5級にチャレンジしてみたところ一発で合格、5年生が終わる時に4級受かりました! 先生がおっしゃる「基礎が大切」ということをとても実感しました。
小学6年生(レッスン参加 幼稚園~現在)
なんでもいいから積極的に加わってほしい、いろんなことに興味を持ってほしいと思い入れました。小さな頃は、英語で何をしてるんだろう?と思うほど家では何も言わないし、意味があるのかと思ったことがありました。 彼女なりに少しづつ吸収していってたようで、自ら発話・発言しないものの6年生の問題集でコツコツ努力することを惜しまなくなりました。 以前は宿題をしなさいと怒られるまで放っていましたが、今では辞書を使って単語を調べることまでするようになりました。ちょっと前までい先生が言う達成感を味わった時に子どもが変わるからと、いつ変わるんだろうと思っていましたが今になってそれがなんとなく分かるようになってきました。 これから英語学習が本番になる今、勉強に向かう姿勢に変化が見られたことは私たち親にとってとても嬉しいことです。
小学2年生(レッスン参加 小1~現在)
いろいろな習いごとがある中、英語とダンスだけは嫌といったことがありません。 家では先生のまねをして妹たちに英語を楽しそうに教えています。               
高校1年生(レッスン参加 小3~小6・中学生で必要な時だけ参加)
小学生のときは楽しく英語に触れるだけでいいと思っていました、 楽しいレッスンですが、大切なものは必ずテストしてくれました。何度も追試になりましたが、ちゃんと取り組めば暗記できることも子どもなりに分かりそれが後からの勉強に結びついています。 小学校を終わって中学校では英語頼みで英語の勉強だけは手を抜きませんでした。 中学生では塾にも通いましたが結局2年生の半ばでYOKO先生のところに戻りました。 子どもが困っているところをすぐ察知しピンポイントで説明してくれ、受験のレベルまで持っていってくれました。 最後までのびのびと通っていました。 
高校1年生(レッスン参加 小4~小6・中学生受験前のみ)
絵がついた子どもらしい教科書から最後中1の問題集をやると聞いた時できるかな?と思ってましたが子ども自身の負けず嫌いの性格もありやってたようです。 小学校を卒業した時に塾に移動し数年通ってませんでしたが受験直前に息子がおこずかいなしにしてくれていいから先生のところに行きたいっと言ったので思い切ってお願いしてみました。 塾と併用で行ったのですが塾の都合に合わせてくださり合間をぬっていきました。 レッスンでは塾のように用意されているものをするのではなく、自分が不安なものを持って行って解説してもらってました。分からないものが理解できるとやる気が出るようで最後までくじけず勉強できたと思います。お兄ちゃんも受験の時だけお世話になり、英語はもともと苦手で今でも嫌いですが、先生のことは好きみたいで電話で先生とお話をしていると必ず変わってと言われます。
中学生(レッスン参加都合の合う時のみ)
昔から通っていたわけではありませんが、あまりにも学校で英語が苦手なので無理を承知でお願いしました。 クラブをしているので夕方がダメなため都合の合う時のみですが、先生に見てもらってから息子も何か変わってきたように思います。ひとえに先生の熱心な指導の賜物だと思っています。まったく分からない英語を一つづつ教えていただき彼も心強いんだと思います。  
小学2年生(レッスン参加 幼稚園~現在)
毎回英語に行くのを楽しみにしています。幼稚園の時は、遊びに工作・歌・ゲームで参観の時にこりゃ楽しいわと子どもが言うことに納得しました。小学校に上がってからは、アルファベットを練習してテストで出来ない時の地獄の宿題は今で印象強いです。 覚えられない~と子どもと一緒に泣き言を言ったことをありましたが結局最後は覚えてました。このまま楽しく学んで身につけていってくれたらと願っています。

メッセージ

 

英語を教えていて、一番うれしいと思うことは、まず子どもたちが自分たちが出来る最大限のことを成し遂げた時、目をきらきらさせる瞬間です。そして、この教室を出た子どもたちがそれぞれにがんばっている報告を聞くことです。 高校・大学が決まったこと、留学の推薦枠が取れたこと、就職が決まったことなどうれしい報告を初め、学校の授業内容や進路の相談で再び教室を訪れてくれたり、弁論大会の発音チェックをお願いしにきてくたり・・・・・

「英語は、かわい先生に任せとけば大丈夫。」と言ってもらえるの聞くたびにやってて良かった!と思います。 今現在教えている子どもたちにも、素敵な将来が訪れることを願って英語を通してお手伝いできることに感謝しながらこれからも続けていけたらと思います。